ざっくり貯蓄で貯められないからの脱出

貯蓄と学費のこと

基本の考え方

給与手取り額 - 先取り貯蓄額 = 生活費

先取り貯蓄額の出し方

子供の学校関係費用を例として

厳密に言うと、お金を貯めるというよりは先に使うためのお金を取り置きしていますが
まるみなが思う貯蓄は、何かに使うためのものなので考え方は一緒です。

中学入学1年前のきっかけ

中学入学時の制服、通学バッグ、体操着、上履きなどが予想するより多くのお金が出て大変だったと友人ママからの話を聞きました。

上の子がいる別のママからは、毎月の給食費学費などは翌年かかる費用を前年に毎月貯めていっているよ〜

具体的な方法

子供関連の貯める使う口座は専用にする

小学校の引き落としが毎月に8000円、中学校の引き落としが10000円の場合、小学6年生になったら毎月13000円貯めておく。1年後引き落とし12ヶ月分+36000円が貯まります
制服などの費用8万ー3.6万=4.4万円  4.4万円÷12=約4000円
入れる場合は1ヵ月1.7万円取り置きする
毎月からはキビシイときは、ボーナスで全額または半額など調整して貯めておく

厳密には上記ほどしっかりできてはいません。それでも中学入学時点で15万円ほど貯めてあったので支払に問題なくゆとりになりました

以前は毎月引き落とし額を移動していました
2ヶ月に1度の引き落としなのと、普段使っていない口座なのでうっかり移動忘れで引き落としできませんでした通知をもらったことも1.2回

この方法にしてから常に12ヶ月分がストックされているので、うっかり忘れがあっても引き落としはされるし気持ちの余裕ができました

進化系 先取り取り置き

子供の大学までの学費
自分たちの老後のための貯蓄に向けて

今回は子供の大学までの学費を考えます

中学3年の塾代に向けて 中学1.2年

学校の引き落とし1ヶ月1万円にたいして2.5万円を取り置き
部活関連や、スキー林間などの出費も取り置きから出して
2年生の3月までに23万円を取り置きしています
ボーナスなどから、取り置きできるときに追加入金

中学3年の4月 23万円スタート

毎月の引き落とし12ヶ月で12万円を引くと11万円

取り置きより使う方が増えてしまいました( ・∇・) やはりおそるべし中学3年
本来はここまでの間に多く貯められればよかったのですが、
毎月の中では厳しかったので、夏と冬のボーナスから取り置きしました

まるみな家では家のローンはボーナス払いはナシにしています
支払年数はできるだけ短めに、ボーナス払いはナシににしてホント助かった!

 

高校入学の4月にかかるお金 想定

計算したところ、公立高校でも25万くらい
私立高校で55万くらい4月にかかりそうです

入学金、授業料、制服(夏服は除く)靴、体育着、バッグ、教科書テキスト、通学定期券
私立の場合は修学旅行積立や冷暖房費など細かに金額が提示されています

ざっくり貯蓄 まとめ

貯めたい目的ごとに口座を分けて、入れる形はシンプルです

収入に対して貯める目安として10から20%という比率がありま

家賃は30%までとか

ただあまりそこに当てはめると気持ちがキツくなる人は
ざっくり先取り貯蓄でいいと思います

まるみなもそうですが、毎月の収入と照らし合わせてムリしすぎない取り置き
節約で1円でも安いスーパーへというやり方は自分には無理だったので
ざっくりアバウトにできる範囲で実践しています

どうにも貯めるにはきびしいと思ったとき、パート勤務からフルタイム勤務の職に転職もしています
妹から言われた、出費を抑えるのもいいけど収入を増やす手もあるよと言われたのがきっかけでした

貯めることに対して自分に自信がないので、いろいろな本を読んできました。
食費などの変動費で節約するより、保険や携帯代など固定費を見直すほうが効果が大きいというのは実感しています

中学生の学費や貯蓄について記事にしています。もしよかったら見てくださいね。

中学生の塾代に疑問を持っていたことから教育費について考えて実行したことをまとめています。

中学生の教育費 中学1年生塾?通信教育?まるみな家の場合

貯蓄できなかったまるみなが、真剣に学費や老後を考えて貯めることを考えて
インデックス投資信託を始めて3年10ヶ月後の途中経過です

貯蓄できない主婦が始めた ほったらかし投信3年10ヶ月後~セゾン投信~

 

 

コメント