「跳んで埼玉」が見たい!見る前に見ると楽しめる情報集めてみました

楽しい暮らし

埼玉県生まれ埼玉県育ちのまるみなです
2月22日公開の映画「跳んで埼玉」見たい~~!!の気分が上がり中

 

最初は、ん~~やたら映画の宣伝やっているなぁ・・・
VS嵐では、埼玉ゆかりの物とのコラボクイズまで
流し見していたのに、つい身近でコアな内容にガン見してしまった

ちょっと前に行った映画館でも、トイレにまで
「トイレをきれいに使えないヤツは・・・」とアピールが目につき

身近なところでは、78歳の母が「跳んで埼玉」見に行くという。
え~~~!!!
映画宣伝、シニア世代までも浸透。おそるべし!

 

ちょっとTwitterを検索すると、さらに盛り上がります☆

「跳んで埼玉」の感想 まとめ

映画館でお腹抱えて笑った 映画館なのに拍手が!
何度も見たくなる 見るたびに細かなところに気づきポイントある
小学生でも楽しめる
パンフレット完売の情報も一部であり
埼玉の映画館は平日でも満席もでている場合あり

「跳んで埼玉」Twitter画像で探してみました

「跳んで埼玉」埼玉VS千葉では 高見沢 VS YOSHIKI インパクト大

監督も試写会で、千葉愛と東京の周りの県民の悲哀が語られています
千葉と埼玉なか~ま 意識

 

「跳んで埼玉」パンフレット

細かなところまでディスりまくり なぜか心地よいと思えちゃう オカシイ・・・

「跳んで埼玉」掲載新聞 宣伝も派手 テレビに新聞に

映画館のトイレにまでも!(まるみなが遭遇しました)

「跳んで埼玉」パルコの中づり広告

LINEニュース他でも話題に

この週末全国1位の興行収入だったが、埼玉県の比率が通常6-7%なのに
「跳んで埼玉 」に関しては23%で全国1位。東京都内を抜いた。
これはほぼ起きない現象だとか。

 

「跳んで埼玉」映画について ネット検索して見えたこと

GACKTの存在感が、ギャグであることを表現していて
怒りだすことのない笑える作品になっているらしい
出演者製作者の真剣に作っている作品だからこその極上の笑いになる

作者の魔夜峰央氏が生活に困って時計を売りに出していたころに、娘さんが作品を紹介して話題になる。
再販されることになり、さらに映画化に。

映画の監督は「テルマエロマエ」の武内英樹監督
気持ちよく笑いのツボを押されるような映画に仕上がっているらしい
監督自身が千葉県民で、小学6年で国会を見学に行って
東京の小学生にバカにされた話も、埼玉県民まるみなも同じく
国会見学を小学6年で行っていて記憶があらわになりました。

魔夜峰央氏のパタリロを14歳の当時にリアルで読んでいたまるみなが思う
魔夜峰央氏の描く世界観が、再現できるんだ!って驚きました
あの衣装・バチバチっとしたアイメイク濃いめの美少年たちなんてスゴイ!!

外国ではウケないのではという前評判も覆され、中国でも
地域間格差があるらしく、かなりウケがよかったとか
日本でも、鳥取VS島根とか、京都&奈良・滋賀とか

日本全国では、まぁまぁ都会の埼玉県
巨大都市「東京」の前には比較するまでもなく
「跳んで埼玉」原作が作られた1982年頃は、
ダサイ=なんだ埼玉か
埼玉=とてつもなく田舎説
リアルにディスられていました(と、感じていただけ?中学生くらいの頃)

進学するにも、都内の学校へ。就職も都内へが多い埼玉県。
ディスられまくりでも、笑いある、埼玉県民にも愛ある?らしい
映画「跳んで埼玉」見るのが楽しみです~

「跳んで埼玉」見るときの楽しみポイント

関所の場所は?

ゆるきゃら ふっかちゃんの登場はどこ?

ちばめられているネタいくつ探せるかな?

 

日々のなか楽しい暮らし=楽くらを目指してブログを書いています

グレープタグフルーツの実がきれいに取れる お弁当にも最適むき方

節約というよりは、使うための貯蓄☆ざっくりとでも貯められます♪

ざっくり貯蓄 貯められないからの脱出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント