10年使用自動車の事故 対物差額修理費用特約で修理できた話

保険のこと

10年使用の車に追突されて

実際に体験したことを書いています。まるみなです。

「対物差額修理費用特約」車の任意保険にある特約です。今回はこの特約について。
この特約の存在を知らなくてネット加入の任意保険では、この特約はつけていませんでした。10年間。

昨年の秋。私が独身時代から乗り続けていた、車が追突されました。夫と子供が乗車中。

ブレーキなしで追突された状態だったのに、幸いケガはなかったのですが、車のほうはディーラーに出すと、足回りがひどく損傷しているとのこと。

この時で、新車購入から16年。価値は10万円と言われました。

次の車検で買い替えを検討してはいたけれども、10万では車は買えないし

こちらに非がないのに、それだけしか補償されないなんて・・・

ただ今回は、相手の方が「対物差額費用補償特約」に入っていました。

中古パーツの修理になるが最大50万円ほどまでは修理できますとのこと。

※対物差額・・・名称は保険会社によって異なるようです

いろいろ夫が設定して携帯つなげて、使いやすくしてありました。愛車デンゴ内装。

修理する?少ない車両保険受け取る?

愛着もある車だし、即修理でしょうと思われるかと思いますが

買い替えまで5カ月ほど。10万円を新車の購入の一部に充てるかで迷いました。

余裕で買い替えができるほどのゆとりがあったわけではなかったので。

でも、長い間乗ってきた車で、直せば乗れるということと

追突されなかったら、たとえ買い替えるにしても、車検の3月までは

乗っていたはずということで、修理してもらうことにしました。

決め手は、当時中学2年の子供の意見でした。迷ったら原状回復が一番ですね

新車の納車前、たくさん出かけたキャンプ納め。修理したおかげで、行くことができました。

修理期間・代車

修理期間は、一カ月余り。後部一面を交換塗装。

サイドも一部塗装。マフラーから足回りの損傷も交換修理。

その間の代車は、先方の保険から。かなりの金額になったと思われます。

まとめ

まるみな家も今年の車の買い替えまで、10年超え自動車を2台持っていました。

それぞれ愛着もあり、何より多少のメンテナンスで問題なく動き

塗装や、内装も痛みがほぼなく、使える車でした。

愛車が10年越えの方も珍しくないこの頃。

わが家の前の愛車17年と14年の使用。

対物無制限の保険は、10年超えた車には、新車の10分の1ほどしか補償されません。裁判でも勝てないそうです。

今回わが家は被害者でしたが、相手の方の特約のおかげで車も現状回復できました。

任意保険につける、数百円の特約で、もしも事故の加害者になってしまったとき

相手の方に、少しでも納得してもらえる選択をしてもらえる可能性のある特約。

今回の事故では、相手の方が特約に入っていたので、私はとても助かりました。

充分に、長い付き合いの車と最後まで、でかけることができました。

今は、ネットで比較も簡単ですし、口コミもわかるし任意保険が安くなりましたよね。

でも、この特約のことってわかりづらいし、知る人ぞ知るのかなとも思います。

ご自分の任意保険に対物費用補償特約が付加されているか確認を!

未加入の場合、追加で加入できます。車の保険って必要な時に役立つムダの少ない保険だと思うので、もし私のように知らない方に少しでもお役に立てたらいいなとブログにしました。

コメント